エイダコインの仮想通貨セミナー

もう今となっては第4期販売が終了となったエイダコイン。本当は2016年12月には一般公開されている予定でしたが、今のところ販売時期が伸びているみたいですね。

私が初めて仮想通貨セミナーと呼ばれるものに参加した時に紹介されたのがこのエイダコインでした。

エイダコインとはオンラインカジノで使える新しい仮想通貨で、2015年からプレセールというものが開始されています。

エイダコインのリリース情報はまだ入ってきていませんが、10万円程度からの投資額で買えるということから、アフィリエイターがYOUTUBEとかで告知してさまざまなところで小さなセミナーが行われていました。

私は投資関係のメルマガから仮想通貨セミナーを知り、行ってみたら仮想通貨セミナーというよりか、エイダコインのプレゼンテーションでした。

仮想通貨の可能性と将来性についてはこの時初めて興味を持ち、きちんと仮想通貨、暗号通貨、ブロックチェーン、フィンテックについて勉強しようと思ったきっかけになりました。

ただ、エイダコインは販売代理店から買うシステムで、購入の際に、身分証明書をもったセルフィーが必要だったことから、それが面倒で結果、買いませんでした。

そして、時間が経過するにあたっていろいろ調べているうちに、販売代理店って結構誰でもなれることを知って、ヤフー知恵袋とか口コミを調べているうちに、エイダコインってなんか怪しいと思い。(※私の主観です。)

今に至っています。

エイダコインは大阪のアテインコーポレーションという会社が日本販売代理店なのですが。

アテインコーポレーション自体の情報開示も少ないので、まだ販売されていないエイダコインのみんなが預けたお金がどうなっているのか?とかもわからないという不安感から、仮想通貨のプレセール的な商品にはちょっと疑心暗鬼になっています。

たとえば、もしリリースされなかった場合の返金とかないのかな?とか。
預けたビットコインはエイダに換金されるまでどういう形のセキュリティーで保管されてるのかとか。
せめてそのあたりのことが明示されていてほしいのですが、よくある質問にも載ってません。

日本ではまだ法整備されていないので株と違って厳密な法的ルールがないから業者さんはなんでもできちゃうっていうのが現状。

金融商品であるにも関わらず、詳細が不十分な未上場仮想通貨が多いのが現状です。

また、販売代理店にけっこう誰でも気軽になれるっていうのは、その販売代理店が、ビットコインを集めて持ち逃げすることも可能だったりするので、コンプライアンスとかちゃんとしているのかな?っていうのが心配なんですよね。赤の他人に現金預けるって不安じゃないですか?

銀行なり証券会社なり身元がしっかりしているところに預けるのならまだしも、セミナーで知ったばかりの小さな企業や赤の他人にビットコインの送金をしてしまうのはリスクが高いと私は思いました。

ちなみに、この時はまだビットコインも3万円台だったんですよね。

私はこの仮想通貨セミナーに行ったことを機に、ビットフライヤーでの口座開設をしましたが、ビットコインは買わずにいました。

身分証明書とのセルフィーがどうも苦手だったんですよね。
写真写りとか気になっちゃって。

今思えば、さっさとビットコインを買っておけばよかったなって思ってます。

※セミナー体験記は個人的な主観を元に書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です