初心者でも3分でわかるビットコイン

ビットコインって今騒がれているけどそもそも何?という疑問にさくっとポイントを押さえて紹介します。

①ビットコインは実体のない通貨
②ビットコインは金と同じで採掘する
③ビットコインは2100万BTCしか発行されない
④送金手数料が安く、国をまたいで送金が可能
⑤日本ではまだ物扱いでもビットコインが注目されている理由

以上5つのポイントを踏まえて簡単に説明します。

①ビットコインは実体のない通貨

ビットコインは紙幣でもなく、貨幣でもありません。日本では日銀が紙幣と貨幣を発行していますが、紙幣や貨幣って発行コストがかかっています。1万円札は1枚当たり24円のコストがかかるといわれています。印刷や透かし加工などももちろん偽造防止のためにお金を作るにはお金がかかっています。

ビットコインは実体のない電子通貨です。しかし、ATMに行けばビットコインを日本円の時価で現金に換えることができます。

しかし、電子通貨なので、紙のように目に見えるものではありませんが、データのやりとりで受け取ったり、送ったり、またはお金と同じく支払ったりが可能です。

実態のない通貨ではありますが、様々な国でビットコインはATMで各国の紙幣に両替が可能となっており、その使い勝手の自由度の高さから注目されるようになりました。

②ビットコインは金と同じで採掘する

ビットコインはマインニングといってものすごいスーパーコンピューターを使って採掘することで流通しています。昔は個人がパソコンでマインニングができていたのですが、ビットコインの発行数が増えることにより、マインニングの難易度が高くなり、今は世界の企業が競争しながらビットコインを採掘しています。

③ビットコインは2100万BTCしか発行されない

ビットコインは2100万BTC(BTCビットコインの通貨の単位)しか発行されません。4年に1度半減期を迎え、徐々に採掘が難しくなり、採掘できる量も減っていくのが特徴です。
ビットコインは今は1BTC/15万円という高値にもなっていますが、最初は1万BTCがピザと交換されました。

2009年から2013年の4年間でビットコインは約120万倍という価格上昇をしており、最初から持っていた人はものすごいお金持ちになっています。
1BTCを20円で手に入れた人は、20円が14万円になっているわけですからものすごいことです。仮に100BTCを20円の時に買っていたら、2000円が、1400万円です。2万円なら1.4億円です。

これはものすごいことですよね。でも、まだまだビットコインはこれから上昇していくといわれているんです。その理由は・・・

④送金手数料が安く、国をまたいで送金が可能

スマホ一つで数十円で送金できる!!

なんといってもこれです。ギリシャショックでヨーロッパの通貨であるユーロが下落したことを覚えている人多いと思いますが、ギリシャが破たんした時はギリシャ人はATMから現金が下せずパニックとなりました。

ジンバブエでも自国の通貨の価値がほぼなくなり、紙幣が紙切れどうぜんとなりました。

日本も実は1944年に現金が銀行から下ろせなくなったことがあります。

去年からビットコインをたくさん買っている人は中国人です。中国では自国の通貨の持ち出し制限があり、元という通貨を中国人が信用していないこともあり、中国人は政治家も富裕層も大抵海外に資産を持ち出しています。

日本も自国の通貨の持ち出しは年々うるさくなっており、海外への銀行振り込みの際は書類を書かされたり、なぜか1年後に振り込んだ理由を国税局から尋ねられることも。

それに日本から海外への送金手数料は1回片道5000円以上かかります。しかも日本人の海外の資産は国への申告義務があります。日本は日本円や日本人の資産を海外に持ち出されたくないのです。

こういった背景もあり、自国の通貨の価値が下がるときに他国の現金に換えることのできるビットコインは価値のある通貨として、多くの国で購入されています。

なんとなく今までの通貨とは違うというのがわかってきましたか?

⑤日本ではまだ物扱いでもビットコインが注目されている理由

日本ではまだビットコインは物扱いで仮想通貨法案は今年の夏あたりに話合われるそうです。

しかしアメリカではビットコインは金融商品であり、すでにカフェやネット通販でお金と同じくつかわれています。ビットコインでの決済は手数料も少なく、キャッシュフローが早いことから今後大企業が導入していくことが予想されます。

マイクロソフトのエクセルにはすでにビットコインでの計算式が組み込まれています。

アメリカのAMAZONやウォルマート、スターバックスで当たり前のようにビットコインで買い物ができるようになったらどうですか?

昔は電車に乗るとき、切符を買っていました。今はsuicaやスマホの電子マネーで「ピ」です。あと何年かしたら、それがビットコインになっているかもしれません。

さて、ビットコインのこと少しは興味がわきましたか?

まずはここまでわかれば、ビットコインの初心者脱出です!

しかし、ビットコインを使っている人、そこまでいませんよね?
それにはビットコインの使い勝手にデメリットがあるからなんです。

それも踏まえて、まずはあなた自身がもっとビットコインについて知って、1000円でもいいので日本円をビットコインに換えてみるのが大事です!

なんといってもビットコインはお金なのですから。