ビットコインの送金に時間がかかるな?と思ったら

ビットコインを自分のウォレットに送金するときに、「あれ?なんかなかなか着金しないなぁ」とおもったら、こちらのサイトに行ってみましょう。


https://chainflyer.bitflyer.jp/

こちらはビットフライヤーが提供しているブロックチェーンの取引がリアルタイムでどうなっているか?確認できるサイトです。送金先のアドレスを入れると、今の状況が確認できます。

このダイヤモンドみたいな形をしたアイコンが下りてくるのはビットコインの送金が行われているのを表しています。
chainflyerへはビットフライヤーのビットコイン送付履歴のページのアドレスから飛ぶことができます。

すべての取引は暗号化されブロックチェーンで取引の承認が行われます。それにたまに時間がかかることがあります。ビットフライヤーでのQ&Aでは「数日かかることがある」と書かれていましたが、そこまでかかることはホント稀だと思います。そんなに時間が掛かったら仮想通貨での送金は不便ですよね。

それに数分程度でも即時反映されないときは心配になりますよね。

ブロックチェーンでの取引が混み合っていると承認作業に時間がかかることもあります。

とはいえ、私の場合は遅くても10分程度で反映されました。送付先アドレスさえ間違っていなければ時差はありますが、必ず届きます。

しかし、送付先アドレスが間違っているともうそのビットコインは2度と戻ってきません。これは取引所などに相談しても無理な話なので、送り間違えのないように、送付先アドレスはQRコードで読み込むのが確実だと思います。

JAXXウォレットは送付するたびに受け取り用アドレスが変わります。

ビットコインでどこかに投資をする際も、ウォレットのアドレスは限られた時間のみ有効であることもあるので、送付の際は十分な確認作業をしたうえで慎重にしましょう。

ちなみにわずかながらですが、送金手数料はかかります。今回ビットフライヤーからJAXXウォレットに対して1BTCを送付するのにかかった手数料は26円でした。

まぁ、このくらいなら送金手数料としてもかなり安い方かなと思います。

外部のウォレットをはじめて使うとき、使い慣れていないときは必ず少額のビットコインの送付を試しにやってみてから、大きな金額を動かしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です