ビットフライヤーでのビットコインの買い方

ビットフライヤーではビットコインを買う方法が4種類あります。

①現金を入金して ビットコイン販売所で買う方法
②現金を入金して ビットコイン取引所で買う方法
③現金を入金して bitflyerlightningで買う方法
④クレジットカードでビットコインを買う方法

この4つの手段があります。

最初は私もよくわかっておらず、それぞれの手数料とメリット、デメリットがようやくわかってきたところです。
ビットコインを買いたいがために焦って購入してしまう前にこの4つのビットコインの買い方の違いを理解しましょう。

まずはビットコイン販売所と取引所の違いから。

ビットコイン販売所と取引所とビットフライヤーライトニングの違い

ビットブライヤーにはビットコイン販売所と取引所というのがあります。
この違いは簡単に言うと、販売所が銀行の窓口での取引のようなもので、取引所が他人との取引になります。

ビットフライヤーではこう説明されています。

ビットコイン販売所では、お取引の相手はbitFlyerとなり、bitFlyerの提示する価格で売買することができます。ビットコイン取引所およびbitFlyer Lightning(プロ向け取引所)では、お取引の相手は他のお客様等となり、価格はお客様同士の需給によって決定します。ビットコイン取引所およびbitFlyer Lightningでは、指値注文も可能です。

ビットコイン販売所ではビットフライヤーがすでに保有しているビットコインをビットフライヤーから購入するため、確実に購入できますが、現在の取引値よりも高い金額設定になっています。

ビットコイン取引所では一般のビットフライヤーに口座を持っている人たち同士の売買で、指値ができますが、変動があるため、確実に買えるまで見ておく必要があります。

ビットフライヤーはビットコインが日本で一番取引量の多い取引所なので、販売所から高い値段で買うよりかは、取引所で他人から買ったほうが安く買えます。

しかし、ビットコインは価格変動が激しいので、指値をして買えなかったら、指値を変えるといった作業が発生します。どうしても今すぐにビットコインを買っておきたいという人は買えるまで数円~数十円単位の変動に合わせて指値を変えて買えるまで待ちましょう。

ビットコイン取引所とビットフライヤーライトニングの違い

ビットフライヤーライトニングは取引所よりさらに細かくリアルタイムで取引できるシステムで、ビットコインをデイトレの用に売買したり、FXのように取引できるシステムです。
ビットフライヤーFXというのは私もまだいまいち理解できていないので説明は省かせていただきますが。現金でビットコインを買う分に使うには問題ないです。
またイーサリアムもこのビットフライヤーライトニングというところで買います。

ビットコインをクレジットカードで買うことの違い

ビットコインはクレジットカードでも購入できます。しかし、買った時の表示金額がかなり高い手数料を取られている印象です。
実際に購入が確定されるまで表示されている売買価格と、確定された売買価格に差額が生じます。
クレジットカードでの購入はマイレージやポイントの対象となること、現金が手持ちになくてもクレジットカードで購入できる点はかなり便利です。
しかし手数料がいまいちわかりにくいので、現金で買う方が手数料は安いと思います。

とはいえ、ビットコインは価格変動が激しいので、あまり手数料ばかり気にしてしまうと、1日で1万円の値上がりとかもあるので、チャンスを逃してしまう可能性も無きにしも非ずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です