ビットフライヤー口座開設

ビットコインの口座開設はとにかく簡単。口座開設をしてからビットコインを購入できるまで1日と待つ必要はありません。

口座開設自体はネットで完結。すぐに振込もしくはクレジットカードを登録すれば即時にビットコインが手に入ります。

ビットコイン取引所に口座開設をしよう!

私がビットコインを買っている取引所はビットフライヤーです。

ビットフライヤーは日本の企業が運営するビットコイン取引所です。

ビットフライヤーはかんたんに口座開設ができ、ビットコインの購入が現金やクレジットカードでできるとても便利な取引所です。

ビットフライヤーでの口座開設は1日でできるため、ビットコインの購入もその日のうちにできます。

日々、価格が変動するビットコインを最短で手に入れるにはビットフライヤーがおすすめです。

ビットフライヤーの口座開設手順

最初はアカウント作成から必要情報を入力して無料アカウントを作成します。
まず、ビットフライヤーで口座開設をするには、2つの写真/画像を準備しましょう。

①自分の写真が写っている、パスポートか免許証。
②自分と身分証明書が写っている写真。

この2つの画像をビットフライヤーにアップロードする必要があります。

それから、銀行口座の登録が必要です。

これだけが自分でできれば、ビットコインはすぐに買うことができます。

ビットコインの購入は、ビットフライヤーの管理画面のビットコイン取引所とビットコインで購入することができます。

ビットコインの価格はすぐに変動します。米ドルベースなのでドル円にも左右されますので、為替にも影響を受けます。

秒単位で価格変動があるので、それに対応できるのがbitflyerlightningという管理画面での取引です。

ビットコイン取引所、販売所でも取引は可能です。(⇒ビットコイン取引所と販売所の違い

私がビットフライヤーで口座を開設した理由

ひとつは、ビットフライヤーのオーナーが日本人であることです。他にも日本でビットコインを購入できる取引所はたくさんありますが、オーナーが外国人であることやスポンサーがよくわからないため、日本の大手企業さスポンサーとして名を連ねるビットフライヤーでの口座開設を決めました。

ふたつめはビットフライヤーのスポンサー企業はSBIホールディングス株式会社傘下のベンチャーキャピタルであるSBIインベストメント、リクルート系列の子会社、三井住友海上キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、GMOインターネットグループのベンチャーキャピタルなどが株主となっており、日本で最大のビットコインの取引量を誇っていること。

このあたりが他のビットコインが買える取引所との違いが大きいです。

ビットコイン以外の仮想通貨はビットコインでの支払いで買うものがほとんどです。そのためビットコインを自分で購入する、送金するくらいは自分でやるべきです。

仮想通貨投資、仮想通貨の購入自体はすべて自己責任。

仮想通貨を買うための口座開設すらできない人が仮想通貨の購入代行と称して詐欺にあってしまうのは悲しいことです。
ビットフライヤーはデモ口座を見ることもできます。

まずは自分で口座開設をしてまずは少額のビットコインを買ってみましょう。
1000円でもビットコインは買えるので、まずは口座開設して、使い勝手を理解することから始めましょう。