コインチェックの本人確認

コインチェックでも他の取引所でもそうですが、本人確認の書類の提出と住所の確認のためのはがきを受け取ることが必須となっています。

マネーロンダリングや他人のクレジットカードでビットコインを買わせるなどの詐欺に使われないようにするため、本人確認をしないと出金などがスムーズにいかないようになっています。

もちろん、本人確認がきちんと済んでいれば、出金や仮想通貨の購入はとてもスムーズになります。

そのため、本人確認の書類を提出して、住所確認の受け取りをしましょう。

どこの取引所も同じですが、本人確認書類は身分証明書、身分証明書がわかるように自分が写った写真が必要となります。

①電話番号の認証

SMSやCメール、ショートメールで電話番号の認証が行えます。音声での認証もできます。認証ボタンを押すとSMSに番号が届くのでその番号を入力しましょう。
電話番号の認証が終わらないと本人確認書類を提出できません。

SMSは数秒で届きます。SMSのメッセージがスマホにポップアップされたら、必ずメッセージを開いて中の番号を入力しましょう。
友達は届いた番号(電話番号)を間違って入力して電話番号の認証ができないと騒いでいました。必ず中のメッセージの番号を入力してください。

②銀行預金通帳の写真のアップロード

出金する際の銀行の口座番号も登録しておきましょう。

面倒な本人確認書類はまとめてさくっと提出しておいた方が何かとスムーズです。注意書きにあるとおり、クレジットカード機能付きの銀行カードの写真を撮影する場合は、クレジットカードの番号は見えないように隠して撮影しましょう。

③各種重要事項の承諾

プライバシーポリシーや反社会勢力でないことなどの成約としてPDFを読んで、確認をしたらチェックを入れて送信ボタンを押します。

③本人確認書類の提出

最後に本人確認書類を提出して終わりです。本人確認書類は現住所ではがきを受け取って終了なのですが、口座開設の申し込みが殺到しているときは1週間かかることがあるので、本人確認書類は早めに提出しておいた方がいいです。

セルフィーも撮影して提出しましょう。私はこの写真を撮るのが嫌だったために口座開設するのが遅くなって、ビットコインを安価で買うタイミングをかなり逃しました。変な顔でも写真写りが悪かろうが気にせずにちゃっちゃと撮影して送ったほうがいいです。

これを提出するとコインチェックから登録した住所にはがきが届きます。

④はがきの受け取り

こんなハガキが届きます。なかなか届かないことがあったら問合せしましょう。

仮想通貨市場は急速な動きをみせることがあるので、1日の遅れで値上がって、なかなか値下がらないこともかなりあります。

早めの書類提出で買いのチャンスを逃さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です