ビットコインの保管は取引所ではなくウォレットで!

ビットフライヤーやコインチェック、ザイフといった取引所はビットコインを購入するための場所であって、保管するのはリスクがあります。

ビットフライヤーはコールドウォレットで保管をしたり、万が一、ビットフライヤーに入っているビットコインが盗まれた場合のための保険に入っていたりします。

でも、本来は取引所は銀行ではないので、大事な仮想通貨は自分のウォレットに入れておくのが安心です。

取引を頻繁にするのであれば、必要な分だけ取引所に置いておき、使わない分は自分のウォレットに入れておくことがとっても大事です。

ビットコインの保管を取引所ではなくウォレットにすべき理由

2014年のマウントゴックス破綻事件の時には取引所のビットコインが盗まれたといわれていますが、(本当は横領といわれています)取引所からビットコインが盗まれるという可能性は0%ではないのです。

マウントゴックスでビットコインが消失してしまった事件は日本ではかなり有名なので、ビットコインを個人のミスで消失してしまうことを「ゴックスる」と言われているほどです。

ゴックスるというのはどういった状況かというと、自分のウォレットの管理ミスやウォレットへのビットコイン送信ミスなどでビットコインを失ってしまうことです。

ビットコインは暗号やQRコードの読み取りでウォレットや他人のアカウントに送ることができたり、支払いをすることができますが、そのやり方を間違えてしまったり、するとビットコインの受け取りができずに、もう2度とそのビットコインは取り戻せない状態になります。

しかし、取引所以外にウォレットを自分で持つことで、盗難の確立はぐんと減ります。

例えばあなたが泥棒だったとき、10億円の金庫があるセキュリティーのしっかりした銀行と、100万円しか入っていない銀行だったら、どちらを狙いますか?
ハッカーが狙うとしたら、リスクと労力をかけて盗むわけですから当然前者になりますよね。

なので、取引所は何億円、何十億円といったビットコインを保有していますが、自分のウォレットに入れ替えておいた方が安心なのです。

とはいえ、自己管理がきちんとできていないと、もちろんそれはリスクですけどね。

ウォレットの作り方は簡単!

ビットコインや他の暗号通貨を保管しておくためのウォレットの作り方は非常に簡単です。

スマホのアプリをダウンロードして、セキュリティーの設定をするだけ。

グーグルクロームのアプリなんかもあります。

ウォレットはスマホアプリ、PCブラウザーアプリ、PCインストール型、USBに保管などいろいろありますが、かんたんなのはスマホのアプリとブラウザアプリです。

そして複数の仮想通貨を保管しておけるウォレットがあとあと便利です。

私はスマホにはJAXXのウォレットを入れています。JAXXはビットコイン以外の仮想通貨、イーサリアム、ゼットキャッシュ、他、1つのウォレットで複数の仮想通貨を管理できるウォレットだからです。

海外の仮想通貨についてYOUTUBEで語っている人の動画を見ても、ブラウザにこのJAXXが入っていることが多いんですよね。

JAXXのウォレットの作り方はこちらで解説しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です