コインチェックでもビットフライヤーでもビットコイン預けっぱなしはNG

今日は韓国のビットコイン取引所がハッキングされた事件が話題となりました。

ビットコインを取り扱っている取引所は常に!!ハッキングされる危険性にさらされているということは覚えておいた方がいいです。ビットフライヤーもコインチェックもコールドウォレットで顧客の仮想通貨を保護しているとはいいますが、ハッキングされたときにビットコインが盗まれた場合の補償はありません。

ハッカーは、お金がたくさんあるとこを狙ってハッキングします。

ウォレットもインターネットにつないでいれば、万が一のことがあれば、ウォレットから盗まれる可能性は無きにしも非ず。

なので本当はハードウェアウォレットといって、USBとか他のディバイスでインターネットにつながない環境におけるものに保存するのが一番です。

しかし、それも紛失してしまった場合困ります。
ただ、最近のハードウェアウォレットは、バックアップフレーズさえちゃんとメモしておけば、新しいディバイスを買った時、無くしてしまったハードウェアウォレットを復活させることができます。

ペーパーウォレットといってQRコードにウォレットの資産をプリントアウトして、保存しておく方法もあります。

要は、すべて仮想通貨は自己責任で管理する必要があるということです。

PINコードや秘密キーとかを無くしたら、ハードウェアウォレットの仮想通貨でもアクセスすることはできません。

なので、ビットコインが短期間で何倍にもなっている昨今。これをどのように保管すべきか?みんな頭を悩ませていると思います。

私もコインチェックのイーサリアムやその他の仮想通貨をそのままコインチェックに入れておくのは怖いので、ウォレットに移動しています。ビットフライヤーのビットコインもしかり。

ネット上のお金が流通しているとことでは、いつもハッカーの脅威にさらされているといっても過言ではありません。

AMAZONもマーケットプレイスで商品を購入した人が中国人に個人情報を盗まれて悪用されたり。
AMAZONのアカウントの乗っ取り事件も多数起こりました。

明日は我が身だとおもって、ある程度の仮想通貨を取引所に預けっぱなしにせずにウォレットに移動すべきです。
ネットにつないでいるパソコンですらウイルスに侵されたら、どんな情報が盗まれるかわかったものではありませんから。

仮想通貨の送金手続きは間違ったら2度ともとに戻ってこないというから怖いというのもありますが。

少額の送金を試してみて、送金手続きに慣れておくのは大事なことですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です